知っ得!お葬式の知識

一日葬

本来、葬儀というとお通夜があり、次の日に告別式があるというのが通常ですよね。
2日間かけて行うのが一般的なのではないかと思います。

お勧めします、葬儀費用の抑え方はプロに相談しましょう


最近では葬儀の形式は色々あり、故人やご家族に合った形式を選ぶ傾向にあります。
ここで注目したいのが、「一日葬」というものです。
本来2日間かけて行ないますが、お通夜を行わないことによって1日で葬儀を終えます。
高齢の方や体の悪い方は2日の葬儀を執り行うのは相当大変なことだと思います。
また、遠方から来る方の宿泊日など一日葬ですと必要ありませんし、お清めのお料理や
飲み物代も1日分いりません。
身体的にも経済的にも嬉しいプランだと言えますよね。

また、一日葬は火葬のみの葬儀より故人とゆっくり出来る時間があるのも特徴の1つです。
特に大がかりな準備が必要なわけではありませんので、その時間ゆっくりと過ごせる
のはとても良いですよね。

しかし、昔とは違って新たしいスタイルのお葬式なので、納得いかないと思うご親戚の
方もいるかもしれません。

後々揉め事にならないよう、一日葬を行う旨は事前にお伝えしておいた方が良いでしょう。

また、告別式だけになると親族以外に声をかけにくくなるようなので、その辺りは
どうするか早々に決めておいた方が良さそうですね。

葬儀費用を抑えたいけれど誰に聴けば良いか分からない、そんな時は迷わずプロの葬儀社に相談しましょう。 葬儀費用の抑え方を一番理解し、実際に実践しているのは多くの葬儀を執り行ってきたプロの葬儀社です。 決して嘘は言いません、親身になって相談してくれるので、素人考えでネット上で検索したりせず、素直に正直に予算と悩みを打ち明ける事をお勧めします。 貴方が考えている以上に葬儀は奥が深いものです。 余裕のある時に、足を運んでみては如何でしょう。