知っ得!お葬式の知識

葬儀に来てくださった方へのお車代、お布施の相場

葬儀に来てくださった方へのお車代

葬儀の喪主の方で大きな悩みになってしまうのが、葬儀に来てくださった方へのお車代というものです。 葬儀に来てくださった方のお車代という事ですが、支払うべきなのかそれとも支払わなければ良いのかという事です。 まずは、近場からきていただいた方については特に支払う必要はありません。 ただし他の地域から葬儀に来てくださった方には渡す可能性もあります。 例えば関東地方の葬儀に関西地方から来てくれたような場合には、お車代をお支払いをした方が良い場合もあります。 絶対にしなければいけないわけではありませんが、葬儀の時にはそういった心づかいがあっても良いかもしれません。 また葬儀の弔辞などで参列をお願いした方については、お車代を渡す方が良い場合もあります。

葬儀費用の抑え方をお勧めします。快適な終活をしましょう。


葬儀のお布施にかかる費用とは

葬儀のお布施にかかる費用というものはどの程度の金額になるでしょうか。 あまりよくわかっていないのが実情なはずです。 お布施にかかる費用ですが、実際に葬儀の費用としては明示されていません。 葬儀社に支払う費用でもありませんので、前もって見積もりを出していただくことはできません。 全く見当もつかない場合には、困ってしまうことも十分に考えられるわけです。 そのお布施にかかる葬儀費用というものですが、読経料ということになります。 費用を難しくしているのが、お寺の格式が僧侶の階位などによって相場となる料金が違ってくるという部分です。 簡単に費用を確かめることも難しいです。 ちなみに葬儀における葬儀や告別式の読経料は50,000円から150,000円が相場です。(戒名料は含まず) その程度のお金の用意は済ませておく必要があります。

人間は生まれ、いつか死に至ります。その時必ず必要になるのが葬儀です。葬儀は遺された家族のけじめとして式をあげるという意味もありますが、去り逝く家族に向けた最後の贈り物という意味合いもあります。 そういった時に悪い葬儀社に引っ掛かって余計な出費まで重ねられたら元も子もありません。そうならないために、今回はよりよい葬儀費用の抑え方をお勧めします。 葬儀費用を抑えるために重要な事は、飾り付けの花をなくし、来客数を最小限に抑え、仕出しのランクを下げることです。下手を打てば見窄らしい式になりかねませんから、良識とセンスとの兼ね合いが必要です。 これらの方法で、よりよいお見送りをしましょう。