知っ得!お葬式の知識

葬儀という儀式が表すもの

身近な大切な人が亡くなると、残された家族は
最期の別れとなる儀式「葬儀」の準備をしなければなりません。

もちろん、その主役はあくまでその故人なのですが、
ご親族をはじめ、葬儀業者との打ち合わせにより決定してきます。、

葬儀費用をやすくしましょう。葬儀費用の抑え方は見栄えを地味にすることをお勧めします。


生前の故人の人となりや、その考え方にしっかりと思いを馳せた上で、
真心をこめて葬儀の内容、構成などを決めていかなければなりません。

実際は、限られた時間の中ではこういった打ち合わせに十分な時間をさけることは難しいのが現実です。

そのため、葬儀会社などの専門家のアドバイスを参考にすることで
準備の過程がスムーズになり、、遺族も様々な作業に忙殺されることなく故人を偲ぶことができることになります。

また葬儀とは、そこに参列した誰もが生前の故人との思い出を心に蘇らせ、深い感慨に耽る儀式でもあります。

多くの場合、これが一般の参列者との最期の面会のひと時となりますので、
言わばこの世における最終地点とも表現できるのかもしれません。

そのため、良い葬儀は儀式の雰囲気から自ずと故人の人柄が浮かび上がってくるもので、
誰もが哀しみと共にどこか懐かしい気持ちを抱くものと言えるでしょう。

葬儀の形態には様々なものがあります。

仏教やキリスト教に代表される様式の違いもありますし、
同じ宗教内であっても宗派によってまた細かく内容が異なってきます 。

葬儀では、それぞれの慣わしに則ったかたちで、場所や葬具を手配することが必要です。
そのような知識は専門家でないと要領を得ない部分も多々ありますので
創始業者に知恵やノウハウを借りることも大切です。

一方、最近では葬儀のあり方も大きく変容を遂げようとしています。

かつては多くの一般参列者を招いて儀式を執り行う形式が一般的でした。
近年では、徐々にそのあり方も見直され、
本当に心の通い合う親族をはじめとする近親者のみで、故人を囲んだ家族葬のほうが好まれるケースも増えてきています。

多くの人が参列する葬儀は、それなりに立派に見えますが
会場や準備の面で大きな手間ひまがかかりますし、費用も莫大になります。
参列者を迎える遺族は挨拶に忙殺され、故人とゆっくりお別れする時間もありません。

こうしたことをなくすためにも、葬儀本来の意味を見直し、
家族をはじめとする少人数でその儀式を執り行いたいとする人が増えています。

家族葬では宗教性をなくして、自由な発想で構成された葬儀を行うことも増えています。

みんなで故人の好きだった歌を歌うなどの様々な趣向も多く、
これからも真心の通じ合う最も適した形を求めてその葬儀の形は変容していくことと思います。


葬儀に関する費用は、祭壇の費用、僧侶など宗教関係者への費用、参列者に対するおもてなしの費用、会場、スタッフの人件費などで大別できます。 葬儀費用の抑え方として、その中で選択するとすれば祭壇の費用をお勧めします。 まず僧侶への費用は相場が決まっており抑えることは不可能となり、おもてなしの費用も香典を用意してくださる方への配慮に欠けることは避けた方がよいでしょう。 同様に会場が狭かったりスタッフが少なければそれだけ葬儀に不便をようするため、結果的にお見栄えだけを意識することとなる祭壇の費用を抑えるようにしましょう。