知っ得!お葬式の知識

飼っていた犬の葬儀

飼っていた犬のお葬式をあげてもらいました。

私は昔、自分と同じ年に生まれた犬を実家で飼っていました。 しかし、10歳の時に蚊を媒介にして発症するフェラリアという病気にかかってしまい死んでしまいました。
後悔しない葬儀をしましょう。葬儀費用の抑え方として、比較サイトをお勧めします。


家の近くの霊園に動物の合同墓地もあり、ここを利用させてもらうべく話は進んでいました。 私の実家には、月に1度、仏壇にお経を唱えてくれる住職さんが訪問するのですが、祖母が犬の話をすると、「大事に飼われていた犬だから」とお葬式をあげてくれることになりました。 犬の葬儀には私たち家族の他、親戚の数名も参加しました。 お葬式といっても住職さんがお経を唱えるだけの簡単なものでしたが、私は子供ながらにそうした葬儀が嬉しかったことを今でも覚えています。 お葬式が終わると犬は予定通り、合同墓地で永遠の眠りにつくことになりましたが、闘病時期も含め、家族としてやれることはすべてやってあげられたと思っています。
いざ葬儀となると、それは時間との戦いになります。あわただしく流れる時間の中、とりあえず目の前に現れた葬儀社と契約し、言われるがままに費用を支払い、落ち着いてから後悔した経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 葬儀費用の抑え方としては、比較サイトの活用をお勧めします。多くの比較サイトでは、24時間いつでも複数社からの見積もりを取ることができます。見積もりを取得したら、料金やサービスについて、時間が許す限り、じっくりと比較検討しましょう。こうすることで、無駄な出費をおさえることができます。