知っ得!お葬式の知識

葬儀式と告別式について

お葬式ではいろいろな進行があります。
ほとんどの場合、お葬式をするときは葬儀業者を利用するかと思います。

高額なイメージのある葬儀費用の抑え方をお勧めします。そして納得のいく葬儀にしましょう。


葬儀業者を利用するとお葬式の手配・進行を全て執り行います。
そのため、家族や親族でお葬式の進行を段取りすることはありません。

お葬式では、「葬儀式」と「告別式」という儀式を執り行います。
簡単にそれぞれを説明すると、
葬儀式というのはお経を唱えるなど「宗教的な内容の儀式」です。
一方、告別式というのは家族や親族、そして参列者など、「亡くなった方と最後のお別れをする」ことを目的とした儀式です。

お葬式をするときに「葬儀式」と「告別式」の線引きに迷う人もいると思いますが、
実は、 この2つの儀式はあまり差がありません。
なぜなら、今では上記で説明したようにお葬式をするときは葬儀業者が段取りを行う中で、
基本的には1連の流れとしてお葬式の中に葬儀式も告別式も段取りが組まれるからです。
一般的な認識として「葬儀・告別式という2つの儀式があってこそお葬式」、というイメージがありますが
普通にお葬式をすると、葬儀・告別式の両方の儀式を行っていることが多いです。

お葬式にはいろんなタイプがあります。
例えば、有名人のお葬式はとても多くの参列者がやってきます。一般的にも会社の社長など
、生前に付き合っている人が多い人は、お葬式で参列者がとても多くなります 。
こうしたお葬式は会場を借りてとても多くの参列者に囲まれてお葬式が進行します。

このようなお葬式以外にも、家族などの「少人数」で行うお葬式があります。
これを家族葬と言います。
家族葬は、自宅で家族や親族、とても仲が良かった友人など本当に少ない人数だけでお葬式を行います。

このような規模の小さなお葬式の場合でも、葬儀式と告別式は行います。
葬儀式はお坊さんを読んでお経を唱えてもらえますし、家族葬の場合は自宅が会場になっていることが多いですが、
自宅から出棺するときに最後の別れをします。

つまり、どんなお葬式の種類においても
「葬儀式・告別式」2つの儀式というのはあまり考えなくても、自然と行っていることが多いです。

お葬式には本当に色々な進行や内容がありますが、葬儀式と告別式はとても重要であり、
お葬式における最重要な儀式とも言えます。
ただし、風習や宗教により、どちらの儀式を先に行うのか、これには違いがあります 。

葬儀業者を利用するときは、しっかりと葬儀の内容の段取りについて打ち合わせをしておきましょう。 葬儀の費用と言えば高額なのが当たり前だと思っている人も少なくありませんが、葬儀費用の抑え方というのも存在しています。 その一つが出来るだけ小規模にするという事です。 例えば家族や親族だけで執り行う式にするだけでもかなり費用を抑える事ができます。 勿論それは節約にもなりますが、それ以上にアットホームな式を行うという点からもお勧めします。 まずはどこの葬儀社で家族葬を行っているかを調べる所から始め、費用でも納得のいく葬儀にしましょう。